学校での食を支える人

学校給食の守り人

Google

学校の給食の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

過去の情報一覧

学校給食作成は栄養士が必要

学校給食調理員の中でも献立を考えるなどの重要なポジションには管理栄養士の免許が必要とされます。これにはただ美味しいだけでなく、食育や栄養のバランスを考えるだけの知識、食材の管理や発注などの専門的な能力が必要とされるからです。そしてその栄養士さんのもとで多くのパートのスタッフの方たちが実際に調理や提供を行うのが定番のスタイルとなっています。いつもは裏方の仕事ですが、時に授業のカリキュラムの一環として生徒の前で食育指導を行ったりします。この辺りが学校で働く栄養士さんならではだといえるでしょうね。子ども好きでないと厳しいかもしれません。

栄養士にしか出来ない役割

学校給食は子どもたちの楽しみでもあり、成長期の子どもたちの栄養バランスは心身ともに健康な成長には欠かせないものです。皆さんにも色々な給食の思い出があるでしょう。その献立を考えるのが栄養士さんです。栄養面のカロリー計算や学年で必要な摂取量を1ヵ月単位でバランスを考えて作製します。給食を作る責任者でもあり、食中毒などに注意することも必要な仕事です。現在は献立を作るソフトもあるので以前よりは楽になりました。栄養士になるには大学での専攻や養成学校を卒業する必要があります。学校給食はこうして安心と安全をプロが守っているのですね。