学校という空間で学ぶこと

学校という空間の意義

Google

学校の給食の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校という空間で学ぶこと

新着情報

教室という学校ならではの空間

当然の話ですが、学校で勉強するには教室という空間が必要になります。ただ単に学問の習得をするのではなく、数十人単位での人間が同じ事に取り組むことで忍耐力が身につきます。そして、自分以外の人のペースに合わせることで個体差というものを意識したりするようにもなれるのです。また授業の一コマをやり遂げることで時間に対する概念も育つでしょう。ただ単に国語や算数などの学習なら家で親が教えても済む話かもしれません。しかし子供たちは学校に通い教室の中で様々な人間関係の構築や感情のコントロール、言葉使いなどの家庭単位ではどうにもならない事を習得することが可能になるのです。

色々な学習目的の教室

学校には様々な種類の学習空間があります。まずはベースとなるホームルームや通常の授業を受ける教室です。登校したらまずここに向かいますよね。クラスメイトとはここに集うことになります。そして副教科の実習を行う家庭科室や技術室、理科の実習に使う実験室、最近ではパソコンの授業も小学生からあるためにパソコン室もあります。さらに中学に上がれば美術室なども増え、広い校舎にかよっている生徒は短い休み時間に必死で移動して授業に備えたりした思い出もあるのではないでしょうか。このように一口に学校の教室と言っても本当に多種多様なものがあるのですね。