学校での撮影と個人保護

学校内を撮影するには

Google

学校の給食の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校での撮影と個人保護

新着情報

学校での撮影は許可が必要

学校を取材したいときには、必ず撮影許可が必要になります。これはマスコミだけでなく、保護者や地元の商店街のフリーペーパーの一コマなどでも同様です。なんらかの事情で取材等を行いたい場合には校長や教頭などの責任者を通して許可を取る必要があります。きちんと取材の趣旨を説明したり身元を証明したりする手間が生じるのですが、これは大切な児童や生徒を様々な犯罪から守ったり、プライバシーを保護するために学校側が出来る防衛策の一つなのです。もし許可が降りる際にプライバシーの配慮に関する条件が出されたらきちんと守りましょう。

校内行事の撮影許可申請

運動会や学校の行事で、親が子ども達を撮影するのはどこでも見られる光景です。しかし一般の人が校内で、特に子ども達を撮影するには許可が必要です。それは最近子ども達をねらった犯罪が増えているからです。また一旦撮影された映像がインターネットに広く流れるとそれを削除するのはほぼ不可能になってしまいます。そのため撮影許可がないと子ども達の映像や写真が撮れない所がほとんどです。許可を受けるためには直接学校に出向き、要件を伝えることが必要です。その際には撮影の目的、撮影者の氏名(時には身分証明書の提示)、その他を聞かれることが一般的です。問題ないと判断され許可が出れば、撮影できることになります。